ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

バーとは違うの? バルとはもともとどんな場所?

バーとは違うの? バルとはもともとどんな場所?

バーとは違うの? バルとはもともとどんな場所?

最近日本でも人気を高めている「バル」。
街にはヨーロッパ風のオシャレなバルが爆発的に増えてきました。
日本人にとってバルは、どちらかというと居酒屋のような「お酒を飲む場所」というイメージが強いかもしれません。
確かにバルは「Bar」と書き、いわゆる「バー」と同じスペルですので、お酒を飲む場所、と捉えてしまうのも無理はありません。
しかしバルの本場であるスペインやイタリアでは、バルはいわゆるバーとは違い、ただお酒を飲むだけの場所ではないのです。

ここでは、バルとはどのようなものか、本場のバルについてご紹介します。

 

バルは一日中気軽に利用できる場所

日本人にとってお酒は「夜、飲むもの」という印象があると思います。居酒屋やバーは基本的に夜にならないと開きません。
日本にあるバルも、その多くが夕方以降の開店になっています。

しかし、本場スペイン、イタリアでは、バルは朝から晩まで一日中開店しています。
前述の通り、バルは「Bar」のスペイン語、イタリア語読みです。しかしバーとは違い、スペイン人やイタリア人にとってのバルは、コーヒーを飲んだり軽食を食べたりなど、どちらかというとカフェに近いものです。
街中にたくさんのバルがあり、朝からお客さんが大勢訪れます。当然、お酒も置かれていますので、アルコールを飲むことも可能です。
中にはコンビニのような売店が併設されていたり、スロットゲームのようなものが置いてあったりするバルがなど、空いた時間にふらっと立ち寄る場所というイメージに近いかもしれませんね。

 

小腹が空いたときにピッタリ

小腹が空いたときにピッタリ

本場のバルには、基本的に日本のバルに見られるような手の込んだ料理というようなものは置かれていません。
タパスと呼ばれる小皿料理や、マリネやサラダ、アヒージョなど、軽食がメインに置かれています。

これはスペイン人やイタリア人にとって、バルが食事をしたり、いわゆる飲み会のようなものをしたりする場所ではないからです。
バルは気軽にふらっと立ち寄る場所です。一杯飲んだらすぐに帰宅したり、2,3軒はしごをして帰宅したりなど、基本的に一か所のバルに長居しません。
価格もそれほど高くなく、ビールの値段も日本円で300円前後。
日本のカフェのコーヒーよりも安いくらいの価格であることがほとんどです。

ふらっと入ってさっと一杯飲んで、さらっと帰る。
本場のバルはそんな、誰でも気軽に入れるそんな場所です。
スペインやイタリアへ訪れた際は、本場のバルに立ち寄って、現地の人たちの生活に溶け込んでみてもいいかもしれませんね。

シェアするShare

facebook LINE Twitter