ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

旅行のときの荷造りが大変! 荷造りのコツとは

旅行のときの荷造りが大変! 荷造りのコツとは

旅行のときの荷造りが大変! 荷造りのコツとは

旅行をするときに持っていく荷物。大変ですよね。あれもこれも入れてしまうとカバンが重くなってしまいますし、お土産を買ったときに入れるスペースがなくなってしまいます。
荷物は必要なものを最小限に抑えることがポイントです。

とはいえ、荷造りは難しいもので、どうしたってカバンの中がパンパン、もしくはゴチャゴチャになってしまうという人もいると思います。
ここでは、旅行のときに役立つ荷造りのコツをいくつかご紹介します。

 

荷造りの基本

まずは荷造りの「基本」とも呼べるコツをご紹介しましょう。

【服はくるくると巻く】
何泊か滞在する旅行であれば、衣服を何着か持っていくと思います。
上手くしまわないとかさばったりシワになったりしてしまう衣服ですが、くるくる巻いて入れることでその両方の問題が解決します。

巻き方は簡単。シャツの場合、両袖を胸の前で重ね合わせるようにして縦に折り畳み、裾のほうからくるくる巻いていきます。
ズボンであれば二つに畳んで同じように下からくるくる。
こうすることでサイズも小さくなってカバンの隙間に入るようになりますし、巻いていることでシワにもなりにくくなりますよ。

【シャンプーなどは小さなものを選ぶ】
シャンプーやトリートメントなどは、旅行用の小さなサイズのものを持っていくようにしましょう。
もしも小さなサイズのものが見つからなければ、100円ショップで売っている小さな容器に自宅で使っているものを入れると使い慣れたシャンプーなどを旅行先に持っていけますよ。
また液体系のものは、必ずジッパーつきのビニール袋などに入れるようしてください。

【電子機器はタオルなどで巻く】
ドライヤーなどの電子機器はタオルで包むなどして壊れにくくしておきましょう。

スーツケースの荷造りのコツ

スーツケースに荷物を詰めるときは、まず、くるくる巻いた衣服や柔らかいもの(タオルなど)を、スーツケースの中心を囲うようにして置いていきます。
クッションを作るようなイメージです。

スーツケースは基本的に立てて使いますので、タイヤがついているほう(立てたときに下になる部分)に重いもの、もしくは頑丈なものを入れていきます。
そこから上へ向かってどんどん軽く、もしくは壊れやすいものを入れていきましょう。それより上にはもう重いものは入れません。

最後に、空いているスキマに靴下や下着など、柔らかくて小さなものを入れ込みます。こうすることで無駄なく荷造りすることができますよ。

バックパック

バックパック

国内1泊旅行などであれば、バックパック一つで出かけるということがあると思います。
バックパックはすぐに中身がゴチャゴチャになりがちです。
下着やタオル、靴下など、種類ごとにまとめて入れるようにしましょう。

まずはタオルなどの柔らかいものを下に入れ、背中に当たる側の中心辺りに重いものが来るように荷物を入れていきます。
バックパックの重心を安定させるためです。それからすぐに使うもの、壊れやすいものが上部に来るように入れていきます。
こうすることで、背負っていても疲れにくいバックパックになりますよ。

以上が荷造りをするときのコツです。旅行の予定がある方は参考にしてみてください。
荷物は少なければ少ないほど荷造りが楽になります。必要のないものは持って行かないようにしましょう。
出発の時点でカバンがびっちりになっていると、お土産を入れるスペースがなくなりますよ。

シェアするShare

facebook LINE Twitter