ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

海外旅行のときにあると便利な防犯グッズ

海外旅行のときにあると便利な防犯グッズ

海外旅行のときにあると便利な防犯グッズ

夏休みや冬休みにゴールデンウィークなど、長期の休みを使って海外旅行をしようと考えている人が多いと思います。
日本では味わえない楽しいことが多い反面、危険なことも多く起こるのが海外旅行です。
ここでは、海外旅行で役立つ防犯グッズを紹介します。

防犯ブザー
海外旅行先には数多くの危険が潜んでいます。
その中でも最も恐ろしいのは、実際に危害を加えられてしまうケースです。
そのような最悪の事態を防ぐために、防犯ブザーは必携と言えるでしょう。

防犯ブザーの中には、100㏈もの大音量を放つものがあります。
電車が通るガード下にいるときに聞こえる音と同じ音量です。小さく、装備していても目立たないので、不意をつかれて鳴り響く大音量に犯人は思わず逃げ出してしまうことでしょう。

音が鳴るだけでは不安という方には、スタンガン機能のついた防犯ブザーがあります。
ブザーを鳴らしても逃げない相手には電撃をくらわせて、ひるんだ隙に逃げ出してしまいましょう。

 

パスポートプロテクター

パスポートやクレジットカードには大量の情報が含まれています。
闇市場で高額取引されるそのような情報も、盗みの標的になるので気をつけなければいけません。

それらの情報は、スキミングなどの手法によって、すれ違うだけ盗まれてしまうことが多くなります。
そのような犯罪対策として適しているのが、パスポートプロテクターです。

この中に入れるだけで、パスポート情報が抜き出されるのを防ぐことができます。
パスポートだけではなくクレジットカードなども一緒に入れておけば、より安心して海外旅行を楽しむことができるでしょう。
本革を使ったカラーバリエーションの多い商品や、ショルダーバッグタイプのものもあるので、自分好みのスタイルを選ぶことができます。

スリや置き引き対策に役立つ防犯グッズ

旅行者が海外で最も多く被害を受けるのが、スリや置き引き被害です。
スリや置き引きの被害に遭わないためには、貴重品を肌身離さず持ち歩く必要があります。
ハンドバッグなどではなく、身体に密着したウエストポーチや、防犯対策されたリュックサックなどのほうがいいでしょう。
ステンレススチールワイヤーメッシュなどの素材を使用したものであれば、ナイフなどで切りつけられても切れることがないので、より安心です。
また、犯人が狙いにくい、脚に巻き付けるタイプのポーチもあります。

一定の距離が離れるとアラームが鳴る防犯グッズは、置き引き対策に適しています。
2つある小型の装置の片方をバッグの中に入れ、もう一方の装置を自分で持っておきましょう。
二つの装置との間に一定距離があくとアラームが鳴る仕組みになっています。

海外旅行で被害に遭わないための防犯対策のコツ

海外旅行で被害に遭わないための防犯対策のコツ

防犯グッズを持っていくのも大事ですが、何よりも自分自身で防犯に対する心構えをするのが大切です。

●財布やパスポートなどの貴重品を一か所にまとめて持たないようにする
●貴重品を持ち歩くときは、絶対に肌身離さない
●ホテルの部屋などに放置せず、金庫などに保管する
●もしものときのために走りやすい靴をはいておく
●狙われやすい格好(旅行者であることがすぐにわかる服装、お金を持っていそうだと思われるような服装など)で出歩かない
●怪しい人とは目を合わせず、話しかけられても無視する(しつこい場合は日本語や片言の英語でもいいので周囲に助けを求める)
●自分が海外にいるのだということを忘れない
●出国する前に渡航先の安全情報について調べておく

以上のことは、海外旅行の際に最低限心がけておくべき事柄です。
留意しておきましょう。

海外旅行には数多くの危険が付き物です。
できることなら何事の被害に遭うことなく楽しく過ごしたいですよね。
ここで紹介した防犯グッズを活用したり、心構えをしたりして、楽しく安全な旅行をしてください。

シェアするShare

facebook LINE Twitter