ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

イタリア人の時間感覚と日本人の時間感覚の違い

イタリア人の時間感覚と日本人の時間感覚の違い

イタリア人の時間感覚と日本人の時間感覚の違い

イタリア人は時間にルーズであると言われています。一方で日本人は時間に厳格であると言われることが多いです。
日本人が日本の時間感覚でイタリア人と付き合うと、時間の感覚の違いによって余計なストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。

ここではイタリア人の時間感覚を紹介し、イタリア人と付き合うときに日本人が気を付けるべき事柄を解説します。

 

集合時間

イタリア人の時間感覚と日本人のものとの間には大きな隔たりがあります。

例えば誰かの家に招かれた場合、日本人であれば約束の時刻の5分前には到着するのがマナーであると言われることが多いかもしれません。
しかしイタリアの場合、約束の時刻の5分前に到着するのは逆にマナー違反。
約束の時間よりも早くついてしまったら、まだ支度が整っていない可能性があると考えるからです。
イタリアの場合、日本とは逆に「5分遅れて到着する」のがマナーとされています。

もしもイタリア人の友人や同僚の家に招かれたときは、約束の時刻よりも遅れて到着するようにしましょう。

遅刻の定義

5分くらい遅れるのがマナーであれば、イタリア人にとっての「遅刻」はどのくらいの遅れを言うのでしょうか。
一般的に、15分程度の遅れなら遅刻と呼びません。
ですので、待ち合わせをしていても、5分程度ならもちろん、10分程度の遅れでもイタリア人はその旨を連絡してくることはないので注意が必要です。

また、こちらから連絡しても何かと言い訳を言うだけで、決して解決にはなりません。
イタリア人と待ち合わせをする場合は、基本的に遅れてくるものと認識しておくと、余計なストレスを感じずに済むかもしれませんね。

ビジネスにおける時間感覚

ビジネスにおける時間感覚

このような時間に対するイタリアの国民性は、もちろん仕事の場面に反映されます。
日本では取引先とのミーティングなどがある場合はアポをとった時刻よりも早く到着しようとしますが、イタリアの場合、到着したところで、担当者がまだ出社していなかったり、準備が整っていなかったりで、結局待たされることになりかねません。

また逆の立場では、アポの時刻に到着しないことはざらですので、急いで間に合うように準備しても、結局待ちぼうけということもあります。
イタリアでビジネスを行うときは、相手のスタイルに合わせて焦らずゆっくり進めてみる必要があるかもしれません。

日本人は基本的に時間に厳格だと言われています。それはいいことでもありますが、ともすれば窮屈で息苦しく感じられることもあるのです。

また、日本人は遅刻には厳しいのに、終業時刻は平気で遅らせるといったことも話題になっています。
日本にイタリア式を取り入れることは無理かもしれませんが、現地で働く場合はいったん肩の力を抜いて、イタリア式の時間感覚を取り入れてみるのもいいのかもしれませんね。

シェアするShare

facebook LINE Twitter