ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

海外旅行前に押さえておきたいスーツケースの選び方

海外旅行前に押さえておきたいスーツケースの選び方

海外旅行前に押さえておきたいスーツケースの選び方

海外旅行に欠かせないスーツケース。滞在日数の少ない旅行であっても長期滞在の旅行であっても、スーツケースを持たずに海外へ行くと言う方は少ないでしょう。
海外に行くからスーツケースを購入しようと考えている方も多いでしょうが、中には「種類が多すぎてどれがいいのかわからない」という方もいると思います。

旅行のためにスーツケースを購入しようと考えている方のために、スーツケースの選び方のポイントをご紹介します。

 

大きさで選ぶ

スーツケースを選ぶ際の重要なポイントになるのがサイズです。
メーカーによってサイズの表記方法が違いますが、最も正確に大きさを把握するには、縦、横、高さの寸法をセンチメートルの単位で調べる方法がおすすめです。
S、M、Lという表記はメーカーによって基準が違うためです。

寸法のほかに、スーツケースの容量も重要です。容量はL(リットル)で表記されます。
どの程度の重さまで収納できるのか調べましょう。
寸法が大きくても、中に入る荷物の容量は案外小さい、ということもよくあります。

上記のようなサイズが重要になる理由は、航空会社によって機内持ち込みできるスーツケースに寸法や重量制限があるからです。
荷物をたくさん入れたいからと言ってやみくもに大きなサイズのものを買うと、飛行機に持ちこめないことがあるので、寸法や容量はしっかり把握しておくようにしましょう。

キャスターにも注意

スーツケースの下についている車輪のことをキャスターと言います。

キャスターがあることでスーツケースの持ち運びが簡単になるのですが、キャスターの付き方によっては使い勝手が悪かったり、すぐ壊れてしまったりする可能性があるので要注意です。
キャスターは2輪のものと4輪のものがあります。

2輪の良さは、傾斜のある場所や電車などの揺れる場所でスーツケースを置いたときに、キャスターのついていない部分が滑り止めになってコロコロ転がっていくことがないという点です。
しかし車輪の数が少ない分、車輪ひとつにかかる負担が大きくなり壊れやすいというデメリットがあります。

4輪のものは負担が4つの車輪へ分散されますので壊れにくく、また持ち運びが比較的しやすくなるというメリットがあります。
しかしブレーキ付きのものでない限り、傾斜のある場所や電車内などで手を放すと、コロコロあらぬ方向へ転がって行ってしまうというデメリットがあります。

TSAロック付きのものを選ぶ

TSAロック付きのものを選ぶ

最近販売されているスーツケースのほとんどにロックがついています。
アメリカへ旅行する予定のある方は、ロックを選ぶ際に特に注意が必要です。

アメリカの空港では保安上の理由から荷物検査が厳しくおこなわれており、ロックをかけて荷物を預けることは原則禁止されていています。
もしもロックをかけて荷物を預けたら、空港職員によってロックを壊され中を調べられ、壊されたロックは弁償されません。

しかし旅行者は大事な荷物にはロックをかけたい方がほとんどです。
そこで、「アメリカ運輸保安局が認可した特殊なロックであれば鍵をかけていい」という決まりが生まれました。
その特殊なロックが「TSAロック」です。
空港職員はTSAロックを開錠できる特殊な道具を持っており、TSAロックをかけた荷物であれば、鍵を壊されることなく荷物を預けることができます。

スーツケースを選ぶ際は、TSAロックのついたものであるかを確認しましょう。

以上がスーツケースを選び方のポイントです。
大事な荷物を入れるものですからしっかりしたものを選びたいですよね。
スーツケースを購入しようと考えている方はここで紹介したことを参考にしてみてください。

シェアするShare

facebook LINE Twitter