ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

世界三大がっかりのひとつ! 人魚姫の像とは

世界三大がっかりのひとつ! 人魚姫の像とは

世界三大がっかりのひとつ! 人魚姫の像とは

デンマークの首都、コペンハーゲンに設置されている人魚姫の像。
デンマーク出身のアンデルセンが書いた童話、『人魚姫』をモチーフにして作られたもので、世界中から見物客が多く訪れる、デンマーク随一の観光スポットです。
しかし一方で、人魚姫の像は「世界三大がっかり」のひとつに選ばれてもいます。
人魚姫の像が人々をがっかりさせる要因とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、コペンハーゲンの人魚姫の像についてご紹介します。

 

人魚姫の像とは

人魚姫の像は、デンマークのコペンハーゲンに設置されたブロンズ像のことです。
アンデルセンの童話『人魚姫』をモチーフにして作られました。
コペンハーゲン港の北東部ランゲルニエ地区の護岸部にある岩の上に設置されており、連日多くの見物客が訪れる人気の観光スポットです。

人魚姫の像は1913年、カールバーグ醸造所の創始者の息子カール・ヤコブセンから要請を受けた彫刻家エドヴァルド・エリクセンによって製作されました。
像のモデルは当時デンマーク王立劇場のプリマドンナをしていたエレン・プリースになるはずでしたが、裸像であることから、全身のモデルになることは断られ、頭部のみのモデルとなりました。
首から下のモデルはエドヴァルドの妻、エリーネ・エリクセンです。
完成後、人魚姫の像は落書き(全身を赤く塗られたり、ピンクに塗られたり)や破壊(頭

部を切断されたり、腕を切断されたり)が繰り返され、そのたびに修復されながら、現在でもコペンハーゲンの海沿いにある岩の上にたたずんでいます。

世界三大がっかりに選ばれた理由

世界三大がっかりに選ばれた理由

どうして人魚姫の像は世界三大がっかりに選ばれたのでしょうか。
人魚姫の像が観光客をがっかりさせてしまう要因をいくつかご紹介しましょう。

・ 町から像の位置が遠い
人魚姫の像はコペンハーゲンの海沿いにある岩の上に設置されています。
その場所が、コペンハーゲン中央駅から離れたところにあり、街中を観光したついでに見に行こうとすると、それなりに長い時間歩くことになるのです。
見に行くのが大変であればあるほど、その期待値は高まります。

また、道中に見えるコペンハーゲンの街並みも美しく、人魚姫の像のハードルはどんどん上がってしまいます。
このように像が設置されている場所までの距離が遠いことから人魚姫の像に対する期待はかなり大きくなってしまい、実際に見ても「こんなものか」とがっかりしてしまうのです。

・ 人魚姫といいながら、人間の姿をしている
人魚姫と言うと、上半身が人間で、下半身に魚のようなひれがついている姿を思い浮かべると思いますが、人魚姫の像はほとんど全身人間です。
確かにひれのようなものが足元についてはいますが、それにしても脚の輪郭がはっきりしているので、ひれのようには見えません。

この理由は、人魚姫の像の首から下のモデルになったエレーナ・エリクセンの脚があまりにも美しかったことから、製作者のエドヴァルドが「ひれにするのはもったいない」と思ってしまったためだと言われています。

・ いないときがある
人魚姫の像は、世界中の展覧会などに展示するため、海外に持ち出されることがあります。
その際はスクリーンが設置場所に置かれ、映像で人魚姫の像を見ることになりますが、苦労して見に行ったのに映像でしか見られないとなると、がっかりしても仕方がありません。
いろいろとがっかりさせられてしまうポイントのある人魚姫の像ですが、それでも世界中で有名な観光スポットのひとつですので、やはり一度は実際に見てみたいものです。

実際どんなものか知りたいという方は、ぜひコペンハーゲンへ足を運んでみてください。

シェアするShare

facebook LINE Twitter