ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

成田と羽田を間違えた! 何を使って移動するのがベスト?

成田と羽田を間違えた! 何を使って移動するのがベスト?

成田空港と羽田空港は、漢字が似ていることから間違いやすい空港名です。間違えてしまった場合は、正しい空港に急がなければなりません。一般的に搭乗手続きは60分前までとなっており、60分を切っていたら空港の搭乗カウンターに電話で連絡を入れましょう。出発まで時間がある場合は、残り時間によって選べる交通手段が変わってきます。今回は、残り時間別に最適な交通手段をご紹介します。

羽田と成田を間違えた1 鉄道の場合

羽田と成田を移動する交通手段には「鉄道」「バス」「タクシー」の3つがありますが、定時性が高く所要時間を最も読めるのが鉄道での移動です。羽田と成田の間には3つの鉄道のルートがありますが、最も早く移動できるのが直通の「エアポート快特(アクセス特急)」です。複数の鉄道会社をまたいで運行されているため、羽田から成田へ向かうものを「エアポート快特」、成田から羽田へ向かうものを「アクセス特急」と言います。約90分で羽田・成田を結びますが、運行間隔が40分と本数が少ないのが難点です。
直通がない場合は、乗り換えを行いながら移動していく方法もあります。料金は、直通の場合は大人1800円、乗り換えを行うと3,000円以上は必要です。
出発まで3時間以上余裕があれば、鉄道での移動を選んでもいいでしょう。

羽田と成田を間違えた2 バスの場合

鉄道よりもよりターミナル近くで出発・到着ができるため、歩いての移動距離が短くなるのが成田・羽田を結ぶリムジンバスです。東京空港交通が運行するエアポートリムジンは、羽田、成田の各ターミナルを結んでおり、10~20分間隔で運行されています。所要時間も65分から75分と短いものの、渋滞に巻き込まれる可能性があるため、急いでいる場合にはやや不向きです。また、羽田・成田間を移動する人は多いため、予約をしていない場合は希望する時間のバスに乗れないという可能性もあります。料金は大人3100円です。
出発まで3時間以上の余裕があり、バスを予約して席を確保できているならリムジンバスを使ってもいいでしょう。

羽田と成田を間違えた3 タクシーの場合

とにかく時間がない人にはタクシーの利用がおすすめです。鉄道、リムジンバスに比べると料金は2万円~3万円ほどかかりますが、待ち時間や徒歩での移動時間を短縮できます。タクシーを使った場合、通るルートにもよりますが、約60分で羽田・成田の間を移動することが可能です。ただし、リムジンバス同様に所要時間は道路状況に左右される可能性があります。
時間の余裕が3時間を切っており、どうしても乗り遅れることができない場合のフライトならタクシーを使って移動をしましょう

成田と羽田を間違えた! 何を使って移動するのがベスト?

羽田と成田を間違えた場合の移動手段をご紹介しました。料金を安い順に並べるなら、直通の鉄道、リムジンバス、タクシーの順になります。逆に所要時間が短い順にすると、タクシー、リムジンバス、鉄道となります。とにかく急いでいるならタクシー、バスのチケットが取れそうならリムジンバス、バスのチケットが取れなかったり、時間的な余裕があったりする場合は鉄道を選ぶといいでしょう。

シェアするShare

facebook LINE Twitter