ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

ペットと一緒に海外旅行に出かけるために知っておきたいこと

ペットと一緒に海外旅行に出かけるために知っておきたいこと

ペットも大事な家族の一員です。長期間お留守番はかわいそう、ペットと一緒に海外旅行を楽しみたいと思う方も多いことでしょう。
ペットを連れていくことで、海外旅行の新たな魅力に気づくこともあるかもしれません。
ペットと一緒に海外旅行に行くために必要な手続きや注意点をご案内します。

ペットと海外旅行に行くために

・入国条件や手続き方法を確認する

まずは日本にある渡航先の大使館に連絡して、入国するための条件や手続き方法を確認しましょう。「ペットと一緒に入国したい」ということを伝えれば必要な情報を教えてくれます。
毎年のように入国条件や申込用紙などが変わる国もあるので、必ず最新の情報を確認する必要があります。
出発時の空港又は港を管轄する動物検疫所にも連絡して必要な検査や書類を確認しましょう。ペットの種類によって必要な検査や書類が違うことがありますので、注意してください。
出発予定の少なくとも7日前までに動物検疫所に輸出検査申請書を提出しなければいけません。

・出国手続き

ペットの大まかな出国手続きは以下の通りです。

1、マイクロチップの確認又は挿入
2、狂犬病の予防接種(2回以上)
3、採血による狂犬病に対する抗体価の確認(長期間かかることがあります。)
4、渡航先への輸入(入国)手続き
5、開業獣医師による診断書と検査施設発行の証明書を動物検疫所に提出し、輸出検疫証明書を取得
6、ペットの種類に応じた予防処置の実施。犬、猫の場合は複数種のワクチン接種などが求められている国があります。
7、日本到着40日前までに、到着予定空港又は港を管轄する動物検疫所に届出。
8、旅行先相手国政府機関から狂犬病の疑いが無いことの健康証明書を取得

・飛行機の中で

残念なことに、ペットは一般客室に入れないことのほうが多く、ケージごと荷物と一緒に預ける必要があります。貨物室は客室ほど空調が整っていないため、季節によっては預けられなかったり、預かるペットの数に制限があったりということがあるので、事前に航空会社に問い合わせておきましょう。

海外旅行からペットと帰国する

・入国に必要な手続きと注意点

最後は入国手続きになります。出国のときと同じように、旅行相手先政府機関発行の健康証明書、追加処置の証明書、出国時に発行された輸出検査証明書の写しなど、決められた書類を提出しなくてはいけません。場合によっては旅行先の動物病院での検査が求められることもあります。
処置や書類に不備があると帰国後に最長180日間の係留検査が必要になりますので、注意しましょう。
ちなみに、猿やプレーリードッグなど、いったん海外に出るとペットとしての入国ができず、帰国不可能な動物もありますので、事前によく確認しましょう。

ペットと一緒に海外旅行に出かけるために知っておきたいこと

海外旅行はたくさんの感動に出会う貴重な機会ですが、ペットと共に過ごすことでまた新たな気づきや感動があることでしょう。
ペットの入出国手続きはやることが多い上に、難しく思えますが、どうしてもできない場合は代行業者にお願いすることも可能です。
しっかりと手続きをして、ペットと一緒に素敵な海外旅行に出かけましょう。

シェアするShare

facebook LINE Twitter