ABIロゴ JTB Groupロゴ

海外自由旅行専門店 エイ・ビー・アイ JTB Groupロゴ

海外に行く前に! 注意すべきスマホの設定

海外に行く前に! 注意すべきスマホの設定

通話やSNS、写真撮影に調べものなど、スマホは日常生活に欠かせないものになっています。海外に行ってもいつもと同じように活用したいと思う方も多いことでしょう。
しかし、何の対策もせずに海外でスマホを使用すると、帰国してから高額な通信料の請求を受けることがあります。
そんなトラブルを防ぐために、海外に出かけるときのスマホの設定をご説明します。

なぜ海外ではスマホの設定を変えなければいけないのか?

・日本で契約している通信サービスの電波が届かない

実は何の設定もしなくても、海外でスマートフォンは使えます。
ただ、海外には日本の携帯電話キャリアの通信サービスの電波が届かないので、自動的に他のキャリアの回線を利用してデータ通信を行うことになります。
契約しているキャリア以外の回線を利用してしまうと、高額な通信料金が発生するため、海外に行くときには適切なスマホの設定を行う必要があります。

目的に応じてスマホを設定する

・写真や動画撮影、アラーム機能だけ使いたいときは「機内モード」

通話の必要がなく、写真や動画撮影、アラーム機能のみ使いたい場合、渡航中はずっとスマホを「機内モード」にしておきましょう。
「機内モード」をオンにしておけば、通信はすべて遮断されるため、通信料金を気にする必要はありません。
機種にもよりますが、「機内モード」でもWi-Fiは使えますので、機内やホテルでインターネットを利用することができます。

・通話ができればOKならデータローミングをオフ

海外では通話ができればいいという方は、データローミングをオフにするだけで十分です。iPhoneなら4Gとモバイルデータ通信をオフに設定、Androidの場合はデータローミング設定をオフにしてください。
データローミングとは、契約しているキャリアの電波が届かない場合に自動で他社の電波を使う機能ですので、これをオフにすれば高額な通信回線を使用することはありません。
データローミングをオフにしても通話やSMSの機能が使用できるので、通信料を気にせず旅先での連絡手段が確保できます。
ちなみに、海外で電話をかける際、同行者に連絡をとるときにも国際発信が必要になります。
日本からの通話を受けたときにも通話料が発生しますので、注意しましょう。

現地での調べものなど、インターネットを普段通り使いたい!

インターネットで観光地や飲食店を調べたり、アプリを活用したりと普段通りにスマホを使いたい場合は、各通信会社の海外旅行用の定額パックに申し込んだり、レンタルWi-FiやポータブルWi-Fiを活用すると良いでしょう。
通信会社の海外旅行用サービスについては、事前に調べて申し込んでおけば、旅行先でスムーズにスマホを活用することができます。
各種Wi-Fi機器を使うと、機内モードがオンのままでもインターネットを利用することができるようになります。通常の電話回線は利用できませんがLINEやスカイプなどで代用可能となるでしょう。
レンタルWi-Fiは日本各地の空港に窓口がありますので、出発前にも申し込むことができます。

海外に行く前に! 注意すべきスマホの設定

海外でスマホをどのように活用するのか、自分の目的に合わせてスマホを設定することで、通信料金を心配することなく過ごすことができます。
いずれの設定でも、機内やホテルなどのフリーWi-Fiを活用することで、インターネットでちょっとした調べものをしたり、写真をSNSにアップしたりすることができますので、フリーWi-Fiスポットを事前に調べておくとさらに安心ですね。

シェアするShare

facebook LINE Twitter